老眼(目の病気・症状の基礎知識)

老眼(目の病気・症状の基礎知識)

TOPページ 目の病気と構造 > 老眼

 

老眼

 最近の老眼鏡はフレームのデザインも昔のように黒や茶色だけでなく、おしゃれなデザインもありつい立ち止まってしまいます。ところで老眼鏡のことを英語では何というかご存知ですか?

 タイトルにもありますが『reading glasses』、直訳すると読むためのメガネというところですね。

 老眼の症状には小さい字が読みづらい、近くのものが見えづらい、暗いところでは字が読みづらいなどといったものがあります。

 若い頃は薄暗いバーの雰囲気がよかったから好きだったのに、最近では薄暗いと字が見えないから明るい居酒屋がいいというおじさまも多いでしょう。近視を矯正するメガネを外さないと携帯のメールが読めないというおじさまはいらっしゃいませんか?

 それはすべて老眼の症状です。

 近視は屈折異常によるものですが、実は老眼は屈折異常ではありません。そもそも近視は焦点が網膜の手前で結ばれてしまうこと(屈折異常)が原因で起こります。

 それに対して一般的に40代から始まる老眼は水晶体の細胞が加齢のため硬くなり、近くを見るときに目の調整力が衰えてきます。

 その結果、手元が見づらくなるのが老眼なので屈折異常ではないのです。ところで50歳になっても老眼じゃないと豪語する方が身近にいらっしゃいませんか?

 実はその方は老眼になっていないのではなく、老眼になっているのに気づきにくい目を持っているのです。近くを頻繁に見る方は調整力の衰えに気づきやすいのですが、そうでない人は調整力が衰えてきていることに気づかないのです。

 一般的には老眼は老眼鏡で矯正しますが、近視や乱視などで既に視力矯正をしている方の中にはたびたびメガネを変えるのがわずらわしいと思う方もいらっしゃいます。

 そんな方のために遠近両用メガネがあるのですが、便利な一方で目が疲れやすかったり視野が狭くなってしまったりする不便もあり、どちらがよいかはその人次第というところでしょう。

最近では遠近両用コンタクトレンズも普及し、老眼と気づかれたくない人に密かな人気になっています。

 しかし近視矯正のコンタクトレンズに比べると厚みがあるので慣れるまで少し時間がかかります。

 また矯正しないのに比べると多少見やすいとは言ってもどうしても手元は緩くぼやけるため、くっきり見たい方は老眼鏡を併用する必要がありますし、視力によっては遠近両用コンタクトレンズでは矯正できないこともあるので一度かかりつけの眼科で相談してみましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑