コンタクトレンズは正しく使おう(目の病気・症状の基礎知識)

コンタクトレンズは正しく使おう(目の病気・症状の基礎知識)

TOPページ 矯正方法についてのコラム > コンタクトレンズは正しく使おう

 

コンタクトレンズは正しく使おう

目が悪い人にとって、メガネやコンタクトレンズは一般的な視力矯正の方法です。コンタクトレンズの値段が下がってきたこともあり、レンズが視力矯正の主流になりつつあります。

 その流れはコンタクトレンズの開発も促し、ハードかソフトかだけであったコンタクトレンズの選択肢は使い捨てタイプや高酸素透過性レンズなどいろいろ広がってきました。

 ところで使い捨てコンタクトレンズはケア用品がいらないことやなくしてもすぐに次のレンズが用意できるというメリットがあることから、旅行やスポーツなどで大活躍しています。

 こんな手軽で便利な使い捨てコンタクトレンズですが、最近、高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じようにコンタクトレンズを装着したまま眠ってしまったり、期限の過ぎた使い捨てコンタクトレンズを使い続けたりするような使い方が原因と思われる眼病や障害が増えてきました。

 基本的に使い捨てコンタクトレンズはその材質や性質から規定の期日を超えて使用することができないレンズです。

 それはコンタクトレンズの取扱説明書にも記載されていますし、間違ったコンタクトレンズの使い方による眼病や障害の急増に伴い、コンタクトレンズ販売店の店内などでも注意喚起のポスターが貼られています。素人目にはきれいに見える使い捨てコンタクトレンズ、使用期限が来たからと言ってそれを捨てるのは非常にもったいないと思うのは分かります。

 しかしそれは目に必要以上の負担を強いることですし、何よりも大切な目を眼病罹患の危険に晒し続けることになるのです。また使い捨てコンタクトレンズはたんぱく質が付着しやすい特性があるため、連続装用はもちろん、再装用もお薦めできません。

 『モッタイナイ』の精神が世界的に広く知られるようになった近年ですが、使い捨てのコンタクトレンズに限っては『モッタイナイ』は厳禁です。目の細胞は一度死んでしまうと二度と元には戻りません。そんな大切な目に使用期限を超えたたんぱく質などが付着したコンタクトレンズを載せますか?

 コンタクトレンズは処方箋を必要とする医療器具で、本来は医師の指導のもとで装着しなくてはいけないものです。

 特に使い捨てコンタクトレンズは通販でも購入できるほどになってきたとはいえ、正しく使わないと大切な目が危険に晒されてしまいます。

 目のためには『モッタイナイ』と言わず、コンタクトレンズが医師の指導どおりに正しく使いましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑