視力矯正あれこれ(目の病気・症状の基礎知識)

視力矯正あれこれ(目の病気・症状の基礎知識)

TOPページ 矯正方法についてのコラム > 視力矯正あれこれ

 

視力矯正あれこれ

視力矯正あれこれここ数年、メガネの男性がブームになっています。「メガネがあれば男前度UP!」「メガネくんが気になる!」などという女性の声が多くなり、『メガネ男子』という言葉まで誕生したほどで『メガネ男子』を集めた写真集まで出版されました。

 その影響か、度の入っていないいわゆるファッション用のメガネが一つのアイテムとして大人気。目が悪く、できればメガネなしで生活できた頃に戻りたいと思っている『実用的メガネ』のユーザーとしては最近の『メガネ男子』ブームは何だか不思議な気分です。

 ところでメガネについてどんなイメージを持っていますか?

 メガネをかけている人=勉強ばかりしている、暗そう、アキバ族っぽい…。数年前まではこんなイメージだったのにここ数年は『メガネ男子』ブーム。このギャップはどこから生まれたのでしょうか。まずはメガネのデザインがバラエティ豊富になったことがあるでしょう。

 少し前まで、メガネのデザインはフレームの有無やフレームの太さ程度の違いでした。それがこの数年でファッションにあわせてメガネが変えられるようになり、また目を惹くデザインのメガネが安く手に入るようになりました。さらにいろいろなテレビや雑誌などでメガネをかけた芸能人が登場したこともメガネがファッションアイテムの一つになった大きな要因でしょう。

 逆に言えばメガネのバリエーションが増えたということはどんなメガネをかけているのかがメガネユーザーのおしゃれポイントになってくるということ。

 手ごろな値段のメガネでもいろいろな形や色を選ぶことができます。一昔前のメガネをそのまま使っていませんか?

 メガネなんてどんなものでもいいと思っていませんか? メガネを日常的にかけている人にとって、メガネはファッションアイテムの一つであると同時に顔の一部でもあるのです。それでもまだメガネなんて何でもいいと思えますか?

 ちょっと心配になったあなた!

 すぐにメガネ屋さんに行ってみましょう。

 フレームを変えるだけでも顔の雰囲気はずいぶん変わります。顔の雰囲気が変わるということはあなた自身の印象もずいぶん変わるということ。この際ですから1本だけ高いものを買うのではなく、デザインの違う少し安めのメガネをいくつか買ってみませんか?

 その日の服を選ぶようにメガネも選べばファッションだけでなく、あなたの全体の雰囲気も変わります。この機会にあなたも『メガネ男子』の仲間入りをしませんか?

スポンサードリンク

ページトップへ↑