白内障(目の病気・症状の基礎知識)

白内障(目の病気・症状の基礎知識)

TOPページ 目の病気と構造 > 白内障

 

白内障

 緑内障とごちゃごちゃになって覚えている方の多い白内障。しかし緑内障と白内障は全く別物であるとは先程ご案内したとおり、その症状は全く違います。今度は白内障についてご紹介していきましょう。

 白内障は眼球の一部である水晶体が白く濁って視力が低下したり物がかすんでみえたりします。加齢による加齢性白内障が最も多いのですが、その他にはアトピー性皮膚炎や糖尿病との合併症、先天性白内障、目のけがや薬の副作用による白内障などがあります。

 白内障の症状として代表的なものを挙げると、物がかすんで見える、まぶしくて明るいところでは見づらい、一時的に近くが見えなくなる、ものが二重や三重にぶれて見える、などがあります。

 白内障だけでは痛みや充血はないので、これらの症状を感じたら眼科で診察を受けるようにしましょう。白内障の場合、生活に大きな支障がなければ点眼薬や内服薬による治療で進行を遅らせることができます。

 しかしまぶしすぎて外で何も見られなくなったり、日常生活に不自由を感じたりしたら手術による治療も検討されます。

 白内障の手術では濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、代わりに人工レンズを埋め込むという方法で行われています。

 多くの場合、手術時間は1時間以内、早いと15分程度で済むこともあり、日帰り手術も可能です。もちろんその時々の状況によっては、経過観察のために入院が必要になることもあるので手術の方法や所要時間については眼科医に相談しましょう。

 またこの手術で埋め込む人工レンズはピントを合わせることができないのでメガネが必要になることもあります。通常2週間程度経過すれば視力が安定してくるのでメガネを作ることもできますが、人によってはもう少しかかることもあります。

 メガネを作る時期についても必ず確認しましょう。

 緑内障に比べると比較的深刻度が低いとはいえ、治療を行わなければ最終的に失明に至ることは白内障も緑内障も変わりません。

 発展途上国での失明原因の第一位は白内障といわれています。加齢性白内障だからといって軽く見ずに、必ず医師の診察を受けて点眼薬や内服薬を正しく使いましょう。

 失ってしまった視野や視力は一生回復しないのも白内障、緑内障の共通の特徴です。

 大切な目です。健康診断の時にはちょうどいい機会ですから必ず眼科検診も受けるようにしましょう。早期発見があなたの視野と視力を守ります。

スポンサードリンク

ページトップへ↑